自力式制御弁  
 
 
     

 
   
ザムソンの自力式制御弁は、弁前後圧力の変動の影響を受けないベローズバランス型単座二方弁の構造を持ち、許容差圧が大きく完全締め切りが出来るモジュラー方式で設計されており、パーツ点数が少ないので、分解組立や点検、サービスが容易で、コストを大きく削減します。停電時にも確実に動き続けるため、プラントの安全性を高めます。

日本国内においては食品・医療工業や石油・石油化学プラントにおいて、補助エネルギー源のない工場サイトや、爆発危険区域等の原料や製品のタンクトレース、重質油やアスファルトの配管トレースにも長寿命のザムソン温度制御弁が広く使用されています。

個々のアプリケーションに合わせて、ザムソンは電動式制御弁と自動制御装置を一体化させベストソリューションを提供しています。

また水圧によるシーケンス機能を付けたサーモスタット形温度制御弁を取り付けることにより、快適性を損なわずに、安価で超小容量型の給油用熱交換機を使用できることがあげられます。 効率の良い不活性ガスシールのため、ミリバール領域用圧力制御弁が、強酸化性や毒性、爆発危険性のある液体の内容物の反応タンクや貯蔵タンクの安全を守り、環境を保護します。
 
 
     
 
詳細は、製品説明書をご参照下さい。  red arrow
 
       
       
      © ザムソン株式会社