ザムソン株式会社  
 
 
     

 
     
ザムソングループは、高精度なコントロールバルブを中心とした自動制御機器から最新の計装システムまで、幅広い計測制御分野の製品群を提供する、欧州のリーティングサプライヤーです。その専門技術がカバーする分野は、空調システムから大規模化学プラントまで広い範囲におよんでいます。ザムソンは、 蒸気、ガス、液体、化学物質など流体の制御にかかわることであればどこででもその能力を発揮いたします。

日本法人ザムソン株式会社は川崎市に本社を置き、この川崎本社と大阪営業所に製品・部品の在庫、組立、検査を行う機能を持たせています。制御システム設計や発生騒音量予測からキャビテーション対策、特殊材質の弁要部でのエロージョン対策などの技術コンサルティングと販売活動を行う技術営業と、プラント現場での試運転調整や修理・保守管理までを行う技術サービスの経験豊富なスタッフが日本国内のお客様のご要望に応えております。

即納をモットーとしているため、製品と部品を豊富に在庫し、石油化学、化学、医薬品、食品、飲料、地域熱供給、ビル設備等向けに、鋳鉄製、鋳鋼製、ステンレス鋳鋼製のJISやANSIフランジ規格の空気式調節弁、電気式調節弁、自力式制御弁等を販売しています。また漏洩ゼロが要求される毒性ガス等に用いられる独自技術の非溶接・一体成型超高耐久ベローズシールのバルブやハステロイ等の特殊材質のバルブも低価格、短納期でお納めする体制を備えています。

また近年は、弊社の技術力・商品力を生かし、海外プロジェクト・ビジネスにも力を入れています。
 

  豊富な在庫と品揃え


Where Innovation is Tradition
このモットーが示すようにザムソン の歴史は発明の精神に満ちており、その始まりは1907年、ヘルマン・ザントホスが会社を設立した時に遡ります。彼が最初に流体自身のエネルギーを利用して作動する温度調節自力弁を考案し取得した特許は、今なお当社の主要製品ラインである自力式制御弁に生かされています。

1916年より、製造プラントと本社オフィスはドイツ・フランクフルトのマイン川沿いに立地し、150,000 m2の広範な敷地で製品開発・製造を行っています。世界各国の拠点を統括する本社機能もここにあります。

ザムソン社は現在、制御弁とその関連機器のメーカーとして世界の指導的立場にあります。あらゆる産業分野で成功している企業が、ザムソンの製品に深い信頼を寄せています。

ザムソングループは今日50以上の独立した子会社と200を超える技術・営業拠点を世界中に展開しています。そして高度にコンピューター制御された物流管理システムがオンタイムでの納入を可能にしています。

ザムソンの名前は、100年以上にわたって培ってきた信頼と実績により、高品質な製品および技術革新力を持つ企業として世界各国で認められています。

 

  ドイツ・フランクフルト
  ザムソン本社

     
 
       
       
      © ザムソン株式会社